子供さんが原因?

更に、大を小で流す、タンクにペットボトルを入れると言った節水のためのモチベーションが、トイレのつまりを起こしてしまう原因として考えることが出来ます。トイレというものは、水量がそれだけで流しきれるようにと適切な量に元々調節されているものなのです。みなさんが勝手に判断してこの程度の水なら大丈夫と判断するレベルのものではありません。

節水というモードは、いいことをしているつもりになっているので、している人たちは、節水イコールトイレのつまりの原因ということを直接結びつけることが出来ないのかもしれません。

あと、最近では、携帯電話・スマホ・ボールペンなど固形物を大胆にトイレに流してしまう人たちも大変多くなって来ています。 あと子供さんが玩具をトイレに流してしまうパターンも決して未だ少なくありません。子供さんにとって、トイレという存在は親の目から隔離された場所なので、自由気儘に中で遊んでいるのかもしれません。そしてトイレットペーパーでおかまいなしに遊ぶということもあります。

トイレのつまりの原因は、子供さんを作っているというケースもとても多いです。子供さんが低い点数を取ったテストを流すというケースもあります。

 


猫砂が原因

そして、トイレのつまりの原因のひとつとして、お掃除シートや猫砂など水に流せる商品類などをあげることが出来ます。このような商品をみなさんは使用してかなり安心していらっしゃるのではないでしょうか。安心は安心なのかもしれませんが、安心にも限界があるようです。水に流せるお掃除シートや、猫砂、便器を掃除してそのまま先端部分を流せる商品など、そのような商品を流してしまって、トイレのつまりを起こしている人たちを最近では多く見かけることがあります。

正直に言えば、トイレの性質上、そのようなものもあまりトイレに流さない方がいいのかもしれません。 猫砂なんてそもそもトイレに流す必要があるのでしょうか。猫砂は注意をしなければならない点として、水分を吸収するタイプがあるということを知って欲しいのです。更に水を吸って膨張して、つまり大きなトイレのトラブルとなってしまう要因なのです。

そして、現代社会の人たちは、何かと節水しようというモチベーションを多くの人たちが持っており、トイレも例外ではないというケースが多いようです。節水のため、大を小で流すという人たちもいらっしゃるでしょうし、タンクにペットボトルを入れるという行為も結構当たり前におこなわれているようです。


ティッシュペーパー

一般的にトイレのつまりが起こるといえば、 大量のトイレットペーパーやティッシュペーパーを流してしまったからです。 トイレットペーパーだから大丈夫ということではありません。

トイレットペーパーだとしても、簡単にトイレのつまりが起こってしまう原因となるものです。トイレットペーパーは確かに他の紙と比較をして、性質上水に溶けやすいとは言うことが出来ますが、密度が高まることで、みなさんが想像している以上、簡単にトイレのつまりが起こることになります。

見た目は同じでも材質が違うティッシュペーパーも、トイレのつまりの大きな原因です。ティッシュペーパーなら大丈夫と思っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかしティッシュペーパーは、ほとんどNGと考えてください。そもそも、ティッシュペーパーは、1時間浸してもなかなか溶けません。こんなものをトイレに流されてしまってはトイレもひとたまりもありません。

トイレットペーパーとティッシュペーパーを水に浸すという実験が行われることがありますが、トイレットペーパーは基本ふやけて粉々になるのですが、ティッシュペーパーは決してそうではなくほとんど原形を留めいている状態です。


トイレのつまりの問題

みなさんとトイレは決して切って切れる関係ではありません。ですからトイレのつまりの問題は、必ず起こるものと考えるべきです。 みなさんはトイレと深く関わっているというものの、トイレがどのような構造になっているのかということもあまり知らず日常生活を過ごして来ているのではないでしょうか。

それではつまった時、本当にあわててしまって、何をしていいか全然判らないでしょうね。そのようなトラブルが起こったとき大事なのは、すぐに何をしなければならないか判断することです。みなさんが何をしていいか判らないでもいいですが、そのとき、すぐに業者を呼ぶことが出来る用意はととのっているでしょうか。すぐに電話をかけることが出来るようにあらかじめどこに電話していいかチェックしておきましょう。

またトイレのトラブルは、案外、トイレの構造も判っていないような人たちが、自分自身で治すことが出来ると思っているケースも多いのです。実際に治すことが出来ればいいですが、もっとトラブルをひどくしてしまうことがなければいいのですが。それもある程度トイレの構造、そして原因などを理解することが出来ていれば、対処の方法を自分自身で探すことが出来るでしょう。

そして、このようなケースはやっぱり業者を呼ばなければならないという判断もすることが出来ます。つまり、みなさんは、やっぱりトイレのノウハウが、頻繁に利用しているわりにはどうしても欠けていると言わざるを得ません。